発達障害 子供 対応

【スポンサードリンク】

運動会などを嫌がる

具体例
「運動会の日、行くのが嫌だと言う」

指矢印その場での対応
無理強いしない

避けたいこと

無理強いする
イベント当日やその練習は、普段と雰囲気が違いますよね。
変化が苦手な子どもは、イベントへの楽しみよりも不安や混乱が上回ることもあります。
そのような状況で無理やり引っ張っていって参加させられたら、嫌な気持ちになります。
また、その後に同様のイベントへ参加する気持ちの妨げになる可能性もあります。

 

これは大人の私の思い出ですが、
小1の運動会の練習や運動会当日は、行くがイヤでイヤで、お腹が痛かったのをよく覚えています。
仮病ではなく、本当にお腹が痛くなっていました。
そんな時も無理やり参加させられてて嫌だった記憶は、今でも鮮明です。

はじめから参加させない前提で話を進める
上記で「じゃあ、はじめから参加させないでおこう」と考えるのは違うと思います。
本人がなんで嫌がっているのかを把握し、参加できるように導いてあげるのがいいと思います。

こんな風に対応していってみては

イメージさせてあげる
そのイベントが初めてなので不安に感じている場合は、
明確にイメージできるようにしてあげるのがいいと思います。
「運動会というのはどんなもので、どんな人が来て、どんな事をやって」
などを映像も含めて伝えてあげます。

 

【スポンサードリンク】