発達障害 子供 対応

【スポンサードリンク】

具体的な例ごとの対応と、気をつけたいこと

背景

子どもと接していると、
「どう対応すればいいのか?」
と悩む場面は多いですよね。

ここでは、発達障害の子どもに起こりがちな具体的なケースごとに、
  • まずはこう対応してみては?
  • こういう対応は避けた方が良さそう
  • (長い目で見て)こう対応していっては?
という提案をご紹介しています。

発達障害の子どももそうでない子も、
原因があるから、その行動に至る
ですよね。
なので
  • その場での対応方法を知る
  • その行動に至った原因を探り、減らしてあげる
のが良いと思います。

 

【スポンサードリンク】

ケース別の対応方法記事一覧

具体例:「まだ教室から出てはいけない状況なのに、一人だけ出て行こうとして、止められるとかんしゃくを起こす」「(大人の都合で)予定していた事と違う事をすることになると、かんしゃくを起こす」「いつもと違う初めての公園へ行こうとしたら、かんしゃくを起こした」「やりたくない事をやる時間になると、モノに当たる」その場での対応「静かな場所で、落ち着くまで見守る」また、暴れた際に危険性のあるものは片付けましょう...

具体例:「遊ぼうと思っていた遊具で、他の子が先に遊んでいた。トラブルになり、相手を叩いた」「他の子がうるさいと、つねったりする」「特定の子が近くに来ると叩いたりする」その場での対応「おだやかに止めさせ、落ち着ける場所へ移動させる」相手の子どもへのフォローも忘れずに。避けたいこと叩いたりつねったりされた痛みを理解させようとする子どもを同じ目にあわせて「相手も今のあなたと同じような気持ちだったんだ」な...

具体例:「ひとつの部屋でみんなが自由に遊ぶ時間に、一人だけ勝手に外へ出る」「一緒に買い物に行くと、頻繁にはぐれる」「パトカーが好きで、パトカーの音が聞こえると外へ飛び出す」その場での対応「居なくなったら、居そうな場所をすぐ探す」避けたいこと帰ってくるのを待ち、叱る時間が経って終わったことを叱られても、何を叱られているのか理解できない事があります。理由を問いただしたくなる事も多いと思いますが、本人が...

具体例:「運動会の日、行くのが嫌だと言う」その場での対応「無理強いしない」避けたいこと無理強いするイベント当日やその練習は、普段と雰囲気が違いますよね。変化が苦手な子どもは、イベントへの楽しみよりも不安や混乱が上回ることもあります。そのような状況で無理やり引っ張っていって参加させられたら、嫌な気持ちになります。また、その後に同様のイベントへ参加する気持ちの妨げになる可能性もあります。これは大人の私...

具体例:知っている間柄の子どもたち数人がワイワイ遊んでいる状況で「その輪に入ろうとしない」「誘われても嫌がる」「自分が遊んでいるオモチャに他の子が干渉してくると嫌がる」「自分ひとりだけ、他の遊びに夢中」(他の子は遊具で遊んでいるのに、ひとりだけ遊具を使わない遊びに夢中)その場での対応「そのまま一人で遊ばせておく」避けたいこと無理やり止めさせ、他の子どもたちと一緒に遊ばせる社会的知性に偏りがあって、...

具体例:「ある曲や声、音を聞くと、嫌がる・怖がる・パニックになる・耳をふさぐ」その場での対応「音を小さくする」「その場から離れさせる」避けたいこと耳をふさぐのをやめさせる音や感触に敏感な子どもがいます。耳をふさいでいるのであれば、その音を不快に感じているのかもしれません。耳をふさぐことをやめさせるのは、不快な思いをさせることになります。その音に慣れさせようとするなかなか慣れて平気になるものではあり...

具体例:「ある日、保育園へ連れて行っている途中で、行くのを嫌がりだした」「バスに乗せようとしたら、母親から離れたがらない」「園の入り口まで来たが、中へ入りたがらない」「登園のための着替えを嫌がる」その場での対応「様子を見ながらゆっくりと時間をかけ、連れて行く」状況的に可能であれば、「いったん帰宅する」も選択肢のひとつだと思います。避けたいこと単に、その日休ませるだけ単にその日休ませるだけでは、解決...

具体例:「他者が話している途中で、しゃべりたい事をしゃべり始める」「質問を何度も繰り返す」「気に入ったフレーズ(曲やギャグなど)を独り言でつぶやき続ける」その場での対応「今やるべきことに気持ちを向けさせる」「独り言は気にしない」避けたいこと毎回、強く注意する注意されている意味がわからない事も多いです。その場合、その時は止まっても、その後も繰り返す結果になります。話していい場面・タイミングなのかがわ...

具体例:「ゲームなどの勝負で負けそうになると、怒ったりグチャグチャにして台無しにする」「勝つために、ルール違反をしてでも相手を妨害する」「何かを順番で使うとき、自分が最初でないと気がすまない」「順番を決めるためのジャンケンで負けたら、『じゃあやらない』などと言って参加しない」その場での対応「その場から離し、落ち着くのを待つ。その場で注意はしない」避けたいこと言い聞かせて、やめさせようとする負けても...

具体例:「鬼ごっこで捕まって自分が鬼になったのに、鬼をやりたがらない」「順番で遊具で遊んでいるのに、割り込んで先に遊ぼうとする」「”ごっこ遊び”で、役のわりふりを理解できない」例:店員役「いらっしゃいませ」お客役の子「イラッシャイマセはお店の人が言うんだよ。あなたお店の人じゃないでしょ」「自分の思い通りに行かないと、途中で投げ出して参加しない」その場での対応「ルールを守ることよりも、本人が楽しいか...

具体例:「楽しくてテンションがあがりすぎ、叫んだり跳ね回ったりする」「楽しすぎて、他人や自分の腕を噛んだりしてしまう」「笑い続けて止まらない」その場での対応「静かな場所に移動させて落ち着かせる」うちの子の場合だと、「楽しすぎて大きな奇声をあげる」「話してる途中で、テンション上がりすぎて何の話をしてるのかわからなくなる、脈絡がなくなる」なんかが目立ちます。あと、友達と楽しく過ごした後は、別れの直前ま...

具体例:「遊びに夢中になると周りが見えなくなる。その遊びをやめる時間なのに、止めて次の行動に移ろうとしない」「”これで最後”が通じない」昔の我が家のケースで言うと、「そのアニメが終わったらお風呂に入ろう」でそのとおりに行動することはなかったし、「今やってるゲームが終わったら晩ご飯ね」でゲームを止める事もなかったです。ゲームオーバーになっても、当たり前のように再スタートしていました。その場での対応「...