発達障害 子供 対応

【スポンサードリンク】

正しい対応をして子供の支援を。無駄に苦しめることのないように……

背景

小中学校の通常学級に在籍する児童・生徒のうち、
発達障害が疑われる子は約6.3%だそうです。
15〜16人に一人の割合ですね。

最近はアスペルガー症候群やADD・ADHDについての情報も増えてきているので、
我が子について早い段階で
「あれ?もしかして?」
と思う親御さんも多いのではないでしょうか。

私の場合も、長女が保育園へ通い始めた頃に
「あれ?もしかして…?」
と思いました。

現在は情報が豊富になり、
支援体制も充実してきているようです。

ですが、暮らしの中で
「こんな時はどうすればいいのか……?」
と、対応に悩む場面も多いと思います。

正しい対応をしないと、
子供を無駄に苦しめてしまう結果になることも
あります。
また、親や周囲の人間も無駄にストレスを溜めることにもなります。

なのでこのサイトでは、
未就学児〜小学校低学年の子を想定した
  • 発達障害の概要(親が知っておきたいこと)
  • 具体的なケースごとの「NG対応」「対応方法案」
などをご紹介しています。

カテゴリーに分けてご紹介していますので、
各記事へは下記のリンクからどうぞ。
◆カテゴリー
矢印ケース別の対応方法
矢印発達障害について(親が知っておきたいこと)

 

矢印プライバシーポリシー・運営者情報

 

【スポンサードリンク】